女性ホルモンサプリのおすすめはコレ!30代からのホルモンバランス改善!

女性ホルモンサプリの選び方とホルモンバランス改善方法

肌荒れ

女性ホルモンは肌の状態に大きく影響を持っていると言われています。
エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが、相互にバランスを取り合う事で
肌の健康状態が保たれているのです。
ですが、不規則な生活やストレス、寝不足、過度なダイエットが原因
ホルモンバランスは崩れやすくなってしまいます。

 

また、年齢を重ねる毎に更年期障害、発汗、血行不良などの症状が現れやすくなり、
肌にも症状が目に見えて変化が出てきます。
30代過ぎると、
「シミ」「そばかす」「たるみ」が急激に増えるなど、老化の進行し、
40代にもなると、「シワ」も加わり、常にケアしている人としていない人とでは肌年齢に差が出てしまいます。
ホルモンバランスを整えるにはまず、生活習慣から見直す事が大事です。

 


女性ホルモン サプリでホルモンバランスを整えるならこれがおすすめ

 

サプリ

女性ホルモンは年齢を重ねる毎に減少していきます。
眠れない、ちょっとした事で不安やイライラが多くなってきたような気がしませんか?
もしかしたらホルモンバランスも乱れているせいかもしれません。
最近では女性ホルモンに着目したサプリメントが色々なメーカーから出ています。
ドリンク剤やサプリメントまで簡単に摂取できるので、
自分の体調に合わせて試してみるといいですね♪


 

サプリメントの選ぶコツ

今市場では色々なサプリメントが多く出回っております。
今ではコンビニでもサプリメントを買えるほど手間なく入手する事が可能です。
ですが種類も多くて、どんなものを選んでいいのかわからなくなる事はありませんか?
ここでは自分に合ったサプリを選ぶコツを解説したいと思います。

 

サプリメントにも副作用が

サプリは健康食品として販売されていますが、必ずしも安全とは限りません。
サプリメントにも副作用はあるのです。
ビタミンAやビタミンEは体に良いとされてますが、
過剰摂取する事により死亡率が上がるという事が研究により判明しております。
サプリメントといえど、多くとり過ぎには気を付けましょう。

 

効果の根拠がないものも多い

サプリの効果について医学的に証明されていないものなのに
効果があると信じられているものもたくさんあります。
例としてはプラセンタ、タウリン、ブルーベリー、DHAなどがあります。
一度調べて効果が証明されているものを買うのが良いでしょう。

 

良いサプリメーカーの見分ける方法は?

1.成分が正確に単位で表示している
2.適切な量の栄養成分が含まれている
3.加工方法が適切
4.原料の記載している。天然素材で作られている

天然素材で丁寧に作る為にコストが高いものもあるので、
成分が同じでコストが低いからといっても同じ効果が出るとは限りません。
また体験談だけのものは医学的根拠がないものだと思った方がよいでしょう。

 

 

マカ・プラセンタの特徴

プラセンターも配合されている【マカ】とWパワーで更年期障害対策に! 今ならば、定期コース限定ワンワン二人500円で「【マカ】・プラセンター」が軽く試用することイッスムニだ♪ 更年期障害・疲労回復ことだけで満足できないアンチエイジングやシワ・たるんでなどの対策もしたい! そのような年齢ケアをトータルなので成し遂げてあげたい女性に推薦する商品です。 【マカ】・プラセンターは国内工場で製造、品質管理されているので品質にこだわる方にも

価格 通常4,400円
評価 評価5
備考 定期コースはどのコースでも初回は500円

フルミーマカ

フルミーマカの特徴

国産【マカ】+発酵高麗ニンジン(高麗人参)+高吸収ポオードを濃縮配合した女性ホルモンのバランスを備えるサプリメント! 農薬未使用国産【マカ】100%使用(業界トップ(のこぎり)国産【マカ】配合量) 女性ホルモン(エストロゲン)分泌をサポート下は注目の【ベンジルグルコシノレート】は海外産マカの十何倍含有! 医薬品製造GMP取得工場で製造! 放射能検査もなし! 40台からの女性特有の悩み、憂鬱、いらいらする、ホット フラッシュ、冷たくなって、肌荒れなど、ホルモン バランスによる悩んだ時にお薦めなサプリメント。 払い戻し保証もついているので安心して試用できるマカサプリメントです。

価格 単品購入7,980円
評価 評価4
備考 毎月380名様限定、定期便コース初回62%OFF

女性ホルモンバランスを整えるポイント

早寝早起き

睡眠には、眠りの浅いレム睡眠と眠りの深いノンレム睡眠があります。
ノンレム睡眠時にホルモン分泌が活発になる為、
ホルモンバランスを整える上で睡眠は不可欠な存在と言えるでしょう。
深い睡眠を促すホルモンのメラトニンは
夜10時から深夜2時の間が最も分泌される時間になる為、
出来る限りこの時間帯には睡眠をとれるようにしたいですね。

イソフラボンの含まれた食材でバランスの良い食事を

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同様な働きをしてくれます。
含まれている食材として、
納豆、油揚げ、大豆飲料、豆腐、味噌、大豆煮、きな粉などがあげられます。
ただし、摂り過ぎには気を付けて下さい。

 

心と身体に休息を

過労やストレスとホルモンバランスのくずれは密接に関係にしており、互いに作用します。
ぬるめのお湯で半身浴する、リラックスするアロマで心を鎮静させる、
休息をしっかりとる、マッサージやストレッチ、ウォーキングなど簡単な運動をするなど、心と身体を休めることも大切です。

ダイエットを控える

過度なダイエットが女性ホルモンのバランスを乱し、月経異常や無月経の原因になることがあります。
体がおかしいと感じたら、ダイエットを控えて規則正しい生活に戻すようにしましょう。